インプラントなどの歯科治療は歯科選びから|関東エリアの歯科選び

治療が必要な場合

歯科医の手と患者の口

インプラントを利用する人とは、重度な虫歯で歯が欠ける、また歯周病といった病気により歯が抜けてしまった場合など、必要に迫られて行う事がほとんどです。保険適用外で治療費が高い傾向があり、しっかりと歯科医院を選ぶのが大切です。

美しさの為に

置かれた歯ブラシ

歯科を利用する目的として、噛む機能の為だけではなく、最近では美容分野の治療として受け止めて治療する人も多いです。口のコンプレックスを持っている人にとっては、審美歯科の治療が大きな意味を持ちます。

これからの歯科治療

歯科器具と歯科医の腕

歯の矯正やホワイトニングにインプラントなど、歯科で受ける事の出来る治療は実に様々な種類があります。歯並びは若い内に整えないと遅くなるというイメージもありましが、最近は大人でも受ける人が多いのです。

様々な歯科

歯科医の手

虫歯を治療する歯科から乳幼児、子どもをメインとした小児歯科、また歯並びの矯正を行う矯正歯科などが存在します。それだけ、多くの人が歯科に対してのニーズを持っているという表れだとも言えます。

矯正歯科と費用

歯科医と患者の握手

歯並びなどを矯正する目的で行う矯正歯科の治療は高額になると言われています。歯の表面にワイヤーやブラケットといった装置をつける治療は100万程度ですが、部分的な治療であれば10万円からの治療も可能です。

インプラントとは

歯ブラシを持つ女子

矯正歯科を大阪でお探しの方にオススメしたいのがここです!きっとあなたの歯も別人のようにキレイになりますよ!


歯医者において受けることができるインプラント治療はどれも同じではなく、それぞれの方法にメリットがあります。大事なことは価格や強度、安全性などを考慮することであると言えます。インプラント治療を行うことで一生噛むことに苦労しないようにするのであれば埋め込む人工の歯根の素材をしっかりと選ぶことがポイントです。現在、インプラント治療において用いられている素材はチタンです。しかしながらチタンであると施術後に歯茎が後退する可能性があります。そのようなデメリットを解決したものがジルコニアインプラントです。ジルコニアは人工ダイヤモンドであり人体との親和性も高く、歯茎との親和性も高いという優れたメリットがあります。

現在歯医者で行われているインプラント治療は噛み合わせを回復させて、それをできるだけ長く持続させるということです。歯医者での取り組みの一つがジルコニアインプラントの使用です。ジルコニアはセラミック系の人工ダイヤモンドで強度や人体との親和性が良いことから、最も優れている素材となっています。そのメリットとしては金属でないことから金属アレルギーがある人でも使用することができることです。また、非金属であることから他の医療機関においてMRI検査を受けることができます。このように歯医者においては治療を終えてからの日常生活にも影響を与えないような治療方法が登場していて、患者の求める治療を実現しやすくなっています。